中古ボート専門の「ボート中古.com」

ボートの維持に必要な費用

中古ボートの購入と維持に必要な費用と項目

中古艇を購入するのには、大きな決断が必要です。自動車の購入と違って、艇の状態と価格とを比較判断しにくいのではないでしょうか。中古艇は現状渡しなどと言われると、さらに不安が募ります。

 

ボートは、人生に大きな楽しみを与えてくれるスポーツです。不安を少なくするために、以下の項目をご参考頂き、是非この素晴らしい世界へ、お入りください。

 

自分の乗り方、海域を考える

 

・釣り
・ウェイクボード
・クルージング

 

大きなボートはキャビンが広く、装備も充実させることができます。大きな邸宅と同様に、大きな満足を与えてくれます。しかし小型のヨットでも、用途にさえマッチしていれば、十分快適に楽しむことができます。20フィート程度のボートでも。

 

マリーナの近くで、軽いクルージングや釣りを知人と楽しむのか、
家族や友人大勢と長時間のクルージングやボート泊などを楽しむのか。
無人島などに乗り上げ、キャンプやバーベキューを楽しむのか。

 

それぞれに適した性格のボートがあります。

 

まず始めてみる最初のボート

 

誰もが大きなボートに憧れます。ただ、大きなボートをご希望の場合も、まずは用途に十分な大きさの小さめのボートから始めてみてはどうでしょう。ボートという趣味は長年続く場合がほとんどです。初めのボートで終わることはまずありません。知識と経験が増え、自分のスキルが上がると、目的や目標もレベルアップし、自然と、本当に必要な大きさや性格、機能などが明確になります。そして2隻目、3隻目となるにつれ、一層面白さが増すのがボートという遊びなのです。

 

したがって、初めのボート選びに完璧を望んで、選択に迷い、時間を費やすのはもったいないことではないでしょうか。まず買ってみる、どんどん乗って、良いところ、気に入らないところ、本当に自分がボートでやりたいことを見つけて行けば良いと思います。

 

ボート購入時の費用と予算

 

ボートは購入費用が高額となります。また、初めての購入では、購入後の維持費なども見当がつきにくいでしょう。購入してから途方に暮れるのは避けたいと誰もが考えるはずです。艇体費用以外に、ボートの購入に際して必要な費用として、下記のようなの項目を考える必要があります。

 

それぞれの項目詳細については、販売店、マリーナ、保険代理店などへ、遠慮なく聞いてみましょう。明確な回答が得られるはずです。

 

艇体本体価格 中古艇の時は、あとで思わぬ出費がないように、艇体と装備の破損箇所を十分に確認する。現状渡しが多いので、現状を十分に確かめましょう。装備品の年式、稼働するのかどうかも確認する。
追加装備・整備費用 予算の範囲と、自己作業でできる範囲を検討する。
艇の工事を行う現場が、業者の自社作業ヤードまたは自社工場でないときは、追加費用が必要となるときがあるので、確認する。
船底塗装 船底部の特殊塗料の塗装、海上係留の場合は少なくとも毎年1回の塗り替えが必要。
ハル(艇体)塗装 ハルの部分へのアクリルウレタン樹脂塗装、耐久性は約7~8年と耐候性が高い。
シート類の交換 シート類の交換、耐久性は約4~5年。
エンジン整備 エンジンの消耗品交換と調整、2年に1回の定期整備が必要。交換部品のリストを提出してもらう。
船検、登録 定期検査、中間検査、もしくは名義変更だけなのか、確かめる。次回定期検査時期を確認する。
航海計器、魚探、レーダー メーカー、機種の選定を購入業者へ相談し、その機種を勧める理由を確かめる。
搬送費用(トラック陸送、海上回航) 艇の大小、目的地によっては、回航の方が適切な場合がある。
マリーナ保管料(年間保管料、保証金 ヨットライフに合ったマリーナを選ぶ。保管料以外に施設利用料が必要かどうか、保証金は返還されるのかどうか確かめる。
保険(艇体保険、搭乗者傷害、賠償責任、捜索救助費用 ヨットに詳しい保険代理店をマリーナから紹介してもらって確かめる。

ホーム RSS購読 サイトマップ
加盟店募集 希望艇マッチングサービス 中古ボートの選び方 中古ボート最新情報